fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

フライングブリック

IMG_1471.jpg
IMG_1472.jpg
HOTWHEELS VOLVO 850 ESTATE

「フライングブリック」こと、「空飛ぶレンガ」は242であって、850エステートとは無関係(といいつつも、実はそうでもない。後述する)なのだが、その昔、ボルボは結構モータースポーツに意欲的だったように感じる。
現在はWTCCに参戦しているくらいの印象だが、その昔はBTCCやら、ラリーやらでボルボは活躍してた。昔も今も、ボルボは安全性に重きを置いてる印象で、あの当時、カクカクしたボディから242(240)はその見た目に対する驚異的な性能から「空飛ぶレンガ」という異名でモータースポーツを沸かせていた。

長年、3インチのボルボと言えばマッチボックスとWellyくらいしか思いつかず、あまり製品化に恵まれてる印象が無かったが、昨年末にはトミカから久しぶりのXC90がラインナップ入り。
そして今回のホットウィールの850エステート。最近は精力的とまでいかずとも、リリースに恵まれている気がする。中国資本に下ることで呑み込まれることを阻止した結果の一つということか……。

元々、850エステートのリリースが決まった時点で、その色次第では王道の赤色に塗り替えることを決めていた。
そしてふたを開けてみれば、大方予想通り。BTCCに参戦していたかつてのカラーリングを模したそれ。右ハンドルでバケットシート。さらにはスペアタイヤをリアに積んでいる徹底ぶり。
かつての「空飛ぶレンガ」の再来と言われたBTCCの850エステートそのものだった。

が、当方の手に渡ってきてしまえばそんなものもお構いなしに赤色に塗り替えられて街中に居そうなそれへと変貌するわけだが。マッチボックスのホイールを履かせることでより「らしい」ものになったような気がする。まあインテリアに手を加えてないのであくまで雰囲気を楽しむだけのようなものにはなってしまっているのだが……。

しかし。この年代に限らず、ボルボには不思議な魅力がある気がする。それは北欧生まれのデザインがそうさせるのか、はたまた、どこか別のところにあるのか。
少なくとも、昔から現在まで、どの時代のボルボもどこか欧米や日本のカーデザインとは異なる何かを持っていて、常に独立していて、その時々で他にはないカッコ良さと言う物を持っている気がする。特徴的なボルボのエンブレムとその代々受け継がれている斜め線の入るグリル。それがあるからなのか。

でも、自動車ブランドの数多のアイコンで惹かれるものは何かあっただろうか。
無論、当方の中での話だが、ベンツのスリーポインテッドスターも、BMWのキドニーグリルも、それ自体がそこまで魅力的な要素かと問われれば何とも言えない。
ただ、確実に、ボルボのグリルに入る斜め線のロゴはどういうわけか、それらより魅力的に思えて、なおかつ、昨今のマツダやアウディのような、似た顔に違うボディとは違う方向性ながらも、一目で「ボルボ」とわかるそれを持っている気がする。

まあ最近は派生ブランドとして「ポールスター」が出てきて、すこしばかりその特徴的な要素が薄れてしまった感はあるのだが。飽くまでも別ブランドなので、ボルボとして見るべきものではないのだろう。

以下、雑記。







最近、SNSに疲れてきたような気がする。
いや、根本的に人と人の関わりそのものに疲れてきたと言うべきか。何かトラブルがあったわけでも、なにか意識が変わる様な出来事があったわけでもない。ただ、最近思うのはSNSはラフ過ぎるなあと。かつての、ブログのような、絶妙な距離感ってやっぱり大事だったなあと。

今のSNSが言うなれば、学校の「教室」のようなものだと考えると、対するブログは「集合住宅(≒マンション、アパート)」で仲の良いブロガーはご近所付き合いのあるお隣さん、というべきか。

SNSにもメリットはあるが、時にその近い距離感が面倒に感じたり、疲れたりするような気がする。
人の家に泊まりに行って、相手の嫌な所が見えてしまった時のそれに近いというか。逆に言えば、それ故に相手の知れない一面を知れたり、お互いで腹を割っているからこそ、しがらみがなかったりする、というメリットもなくはないのだが、うーん。

こういう時代だからこそ、人の繋がりは大事だと思うし、いろんな選択肢という形で選べるようになったのはとても大きく、良い時代でもある部分はあるのだろうが、昨今のSNS事情はどうも承認欲求の塊で合ったり(それ自体は否定はしないし、むしろ自分自身にもそういうところはあるので肯定的に捉えてはいるのだが)、度の過ぎたどろどろの(無意味な)論争だったり、悪質なガセに煽動的な情報……と、見ているだけで疲れることも多々ある。

うーん、インターネットというかSNSから身を置くべき?
目まぐるしくかわる流行や、それに乗っかる風潮にもどこか疲れてしまう。目が回りそうなくらいに。そして一周回ってまた感じるのだ。「虚無」を。そして「虚構」さえ感じる。まあ、だからと言って病むこともしないのだが、なんだかまた抜け出せない何かに嵌っている気がする。



スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する