fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

シンセウェイヴ的チューニング

IMG_0093.jpg
IMG_0094.jpg
HOTWHEELS NISSAN SILVIA S15 LB SUPER SILHOUETTE

今日発売のブールバードのアイテムの一つ。派手なボディキットを装着したこのS15シルビアはリバティーウォークのコンプリートキット。

知名度が上がる頃のリバティーウォークと言えば、オーバーフェンダーをビス止めし、大きいウィングを付け……という印象が強かったのだが、ここ4、5年のリバティーウォークはレトロなスタイルを近代的な車種に落とし込めるスタイルが増加。

その最たる例がやっぱりR34のスーパーシルエット。トミカ好きなら誰しもが認知しているであろう、赤/黒ツートンのR30をベースとしたスーパーシルエットをオマージュしたマシン。偶にデモカーとしてなのか、公道を走ってるという話を聞くし、実際に当方も東関道のPAで駐車されてるのを見かけた記憶がある。

ホットウィールでも既にR34のシルエットは製品化済みで、そこから少し遅れてこのS15のスーパーシルエットもベーシックで製品化。
ちょっと間をあけて、今回リアルライダーとして登場と相成ったわけだ。ベーシックも持ってるが、あちらは印刷がこちら程多くないのもあってか、どうもイマイチな感じでブログで取り上げるのも、カスタムするのも見送っていたが、こっちはどうだろう?

IMG_0095.jpg

流石に1/64のスケールモデルとして出ているモデルと比べると見劣りはするが、3インチミニカーとしてはこの印刷量のおかげでかなり良いモデルに思える。

このS15スーパーシルエット。これもオマージュとなったモデルが存在しており、それが70年代の終わりから80年代にかけて、スカイラインのスーパーシルエットと共に活躍したシルビア スーパーシルエット。
目立った戦績はあげられなかったらしいが、人々の記憶には残っている……そんなマシンという触れ込みを聞いたが、残念ながら当方はこのS15のLBが出るまで認知していなかった。

ただあの当時、シルエットフォーミュラのマシンはその当時を知らない当方から見てもカッコ良さを感じるもので、あの当時を生きていたら虜になるのも頷けるような気がしている。

なお、シルエットフォーミュラは1980年代の折り返しに差し掛かる前には廃止されて、とモータースポーツの歴史の話になってくるので割愛。というよりも、当方が調べて書き上げるよりも既にあの当時、熱狂していたであろう方々が色々執筆しているので、そちらを読んだ方が大変わかりやすいだろう。

ちなみにこの後、このシルビアスーパーシルエットを操っていた星野氏が率いる事になるのがチームインパル。カルソニックブルーの伝説の前日譚に当たるのかもしれない。

まあそんなカルソニックも昨年からは車体に用いられず、今年からはついに伝統的だったカルソニックブルーも見納めとなり、より色味が濃い青色に変更されるなど、一つの時代の区切りを迎えたように思う。

で、ふと思ったのはLBのこのキット。最終型であるS15シルビアをベースに、80年代初期のスーパーシルエットをイメージして制作されたわけだが、これって「IF的」着想だよなあ、と。
もし、シルエットフォーミュラが廃止されていなかったら?チームインパルが誕生しない世界線だったら?なんて色々な「もしも」が想像出来る。

当方はそこに、ある種のシンセウェイヴ的なものを感じたり。
2000年代以降に、80sのシンセサイザーを多用したポップス&ロックの雰囲気を再現するように、2000年代以降のスポーツカーをベースに、80年代のスポーツカーをベースにしたレースカーを再現。懐古主義的でもあり、同時に新しくもある。

時代はグラデーションのようなもので、気付いたら変化しているもので、時代時代を切り取って比べると”こうも違う”というのを感じられるわけだが、コーポレートカラーしかり、チームカラーもまた、長い歴史の中で変化したり、しなかったり、その時代を彩るものなのだとつくづく。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する