fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

元ネタ発見

IMG_8559.jpg
IMG_8560.jpg
HOTWHEELS MERCEDES BENZ 190E 2.5-16

先月のワイキキ氏のブログ記事を読んで思い出したアイテム。

コメントした当初はまだ発売前だったものの、単色にピンストライプ、そして「TOYO TIRES」のハチマキは全く同一仕様、そしてネオクラシックと呼ばれるようになった90年代の欧州車という点も合致。

ここまで合致するポイントが多いと、なにか元ネタがあるはずだ、と思ってはや1ヶ月。実は今月の頭に元ネタを見つけた。
と言っても、ワイキキ氏のブログで紹介されているM3ではなく、ホットウィールでリリースされる190Eの方。



今年のSEMAに出典されていた、190E。
深緑色のボディカラーにゴールドのホイール、TOYO TIRESのハチマキにピンストライプ。完璧にこれ。

まあホットウィールあるあるの「なんちゃって」仕様なので、ステッカーが不足してたり、エンジン載せ替えの関係なのか元ネタは2.6Lだったりと違いがあるのだが、その辺の緩さというか「デフォルメ」を感じるところはマテル的。

さて、このブールバードシリーズ。
既に何度も取り上げているが、名前だけ見て推測すれば、「大通り」で見かけた車をテーマとしている一方、実際のところは一つの、カーカルチャー系で出すには苦しいがマテルがリリースしたいのだろうな、というアイテムが多数のこのシリーズ。

ただ今回、SEMAショーに展示された車両が元ネタだったり、同日発売のS15がD1出場車両を元ネタにしていたり、そういう「ショーカー」が混ざるのを観ていると、あながちこの「大通り」の名前を冠したシリーズであることに間違いはないかもしれないな、と。

IMG_8562.jpg

SEMAショーは終了後の名物の一つとして、撤収する車両が同じ搬入口から続々と自走で搬出される様を見る事ができる。
多くの搬出された車両はそのままラスベガスのメイン通りであるストリップ通りに流れていくので、謂わば、「大通り」をカスタムカーが埋め尽くす光景が広がる。

ある種、この瞬間だけはホットウィールのブールバードがテーマとしている部分と非常に合致していると言えるかもしれない。

ノーマル然としたマシンから超高級車に、日本では公道走行不可能なカスタムカーまでがこの通りを介する。
アメリカのカーカルチャーを感じられるのと同時に、「カーカルチャー」に敏感なマテルが、ホットウィールがそこを外すわけもない。

ある種、当方がイメージしていた「大通り」とマテルが考える「大通り」には大きな乖離があったのだなあ、とつくづく。
マテルの考える大通り。おそらく来年も続く事だろうが、車種がぱっとしないな、なんて思ってもデコで魅力を倍増させてくることを考えるとやめるにやめられない。うーん、上手い商売。タカラトミーが見習うべき点の一つに思えたり。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する