fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

魅惑のクラウン

IMG_7963.jpg
IMG_7964.jpg
TOMICA TOYOTA CROWN CROSSOVER

またしてもJMSネタ。今回のJMS限定トミカ12台のうち、一番の目玉アイテムはおそらくトヨタ・クラウン クロスオーバーだろう。

歴代クラウンの多くを製品化しているトミカなので間違いなく出るだろうとみんな予想していただろうが、まさかこのような形で先行的にJMS限定でクラウンがリリースされるとは。

尤も、割と東京モーターショーの頃から通常ラインナップに先行して販売されるケースはあったようなので珍しいわけではないらしい。
が、良い意味で、今年のJMSの気合の入り方が良い意味でおかしい、というのを象徴するようなエピソードの一つ。

なにせ、クラウンと言えばトヨタのフラグシップモデルとして君臨し続けているモデル。クラウンと言えばトヨタ、トヨタと言えばクラウンと言っても過言ではない。

そのフラグシップモデルのトミカが先行登場。話題性は十分ではないだろうか?

一応補足しておくと、12月には通常ラインナップにクラウンクロスオーバーは加わる予定で、通常がプレシャスブロンズ、初回がエモーショナルレッドII/ブラック。対するJMSはプレシャスブロンズ/ブラック。色的には近しいものがあると言えども、「クラウンクロスオーバー」と言えばこのカラーリングがイメージカラーなので何らおかしな点はない。

それにしても12月といえば、先代の220系クラウンのトミカのリリースも2020年の12月だったなあと。
既に220系は絶版。謎に残る200系クラウンパトカーと210系クラウンアスリートに理解が出来ないのだが、まあ売れ筋のようなので仕方ないのかも?

クラウンクロスオーバーの出来栄えは非常に実車の特徴を捉えていて雰囲気は抜群に良い。
もし出るとしたらワイドホイールなんじゃないかと思っていたが、予想通りの登場。やはり似合うワイドホイール。

当方的には割りと220系も悪くない出来だと思っているのだが、妙に細長く感じたあちらに対し、こちらはデフォルメの塩梅も良いのか妙に細長いなんて事もなく、かと言ってデブに見えるなんて事も無い。うーん、絶妙な塩梅。

IMG_7965.jpg

JMSのタンポを剥がす暴挙に出ているが、いつも通りなのでその点には目を瞑っていただくとして。

トヨタブースではクラウン「セダン」及びクラウン「スポーツ」の展示があり、実際に乗ったり触れる事が出来た。

当方はクラウンスポーツにはあまり興味が持てないのだが、クラウンの「セダン」もとい「クラウン」に興味があるので実際にインテリアをチェックしたりシートに座ってみたのだが、アレは間違いなくクラウンだなあと。
まあ当方はあんまりインテリアデザインには詳しくないので良し悪しはなんとも言えないのだけども、間違いなく220系の正当な後継モデルであることを感じた。

とはいえ、クロスオーバーが全くクラウンではないかと言うとそうではないとも当方は感じている。
上手く説明出来ないのだが、おそらく歴代「クラウン」の要素が随所に散りばめられているが故にそう感じるのだろうと推測してみる。

ただまあ、クルマ好きの評価を見てると賛否あるなあとも思っている当方。
「クラウン」じゃなければ良かったという意見もあれば、新しい「クラウン」として非常に良いという意見もあったりで、本当に色々あるように思う。

クロスオーバー、プラットフォームはカムリをベースとしたFFベースのAWD。そして北米ではアヴァロンの立ち位置に君臨。

まあこの辺色々な事情があるのだが、北米におけるフラグシップセダンは長らく「アヴァロン」だったことを考えると、日本のフラグシップである「クラウン」がその位置に、北米でも就いたと考えると、案外しっくり来るというか、実質的にアヴァロンでもあるのだよなあ、と。

そう言えばアヴァロンは日本だと確か「プロナード」だったような記憶がある。まあ今更、プロナードなんて車名で出しても売れるはずもないし、そもそもでクロスオーバーは「クラウン」として開発が進められていたことを考えると、アヴェロンをも見据えてというよりも、アヴァロンを飲み込んだ、と言った方が近いのかもなあ、なんて思いつつ。

複数台購入してあると言えども、限定モデルをリペイントする気にはならないので、12月の販売を待って、しっかりと「イエローキャブ」の制作をしたいなあと思いつつ、これにて〆。

気づけば10月も終わり。11月が差し迫る。11月に入るということはつまり。うーん、準備万端かはなんとも言えないなあ。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

SUV系にワイドホイールを履かせる手法は今回のクラウンより前にもボルボ等で見られましたが、やはり重厚感が出ますね。これは12月の通常品の発売が楽しみです。
既に実車を街中で見かける機会が増えてきた新型クラウンですが、個人的に当初は違和感を覚えたものの、見慣れてくると「セダンとSUVの融合」を上手くまとめていていいなぁと感じてきました。果たして赤色灯が付いた新型クラウンを見られる日は来るのか、それもまた気になるところです。

  • 2023/10/31(火) 23:45:09 |
  • URL |
  • 中央水槽1 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>中央水槽1さん

>SUV系にワイドホイール
記憶にある限りだと、2019年のウルスが最初だったような?
CR-VやRAV4といった車種でもワイドホイールが採用されて居ましたね。重圧感もさることながら、昨今のタイヤデザインが大径であることや、特殊なものが多いことの裏返しに感じて、現行のトミカのホイールでは対応しきれて居ないのではないかとも思ったり。

そろそろホットウィールやマッチボックスのようなテコ入れをしても良いのでは、と思う一方であのホイールあってのトミカだと刷り込まれてしまってますから難しいところです。

>新型クラウン
最初見た時は思ったよりもセダンが残っていて驚き半分であると共に、セダン、スポーツ、エステートと一気に4種類のボディ展開が告知されたことに驚きました。ミニカーブログである当ブログでも新型クラウンは記事にしましたね。

SUVと他ジャンルの融合は欧州車が先行し、シトロエンが上手い具合にまとめあげた印象ですが、クラウンはそこを上手くやり切った感じがします。

パトカーは220クラウンが継続生産され、警察機関向けにカムリも生産が継続されるようですが、次期型クラウンパトカーが出るとしたらセダンベースなのではないかと思っています。
SUVパトカーにはもしかするとエステートが採用されたり?

  • 2023/11/01(水) 23:26:36 |
  • URL |
  • グリズリー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する