fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

イエローキャブの電動化

IMG_6916_20230901204058815.jpg
IMG_6917.jpg
GREENLIGHT FORD MUSTANG MACH E YELLOW CAB

6月販売予定となりながら、3ヶ月も待たされてしまったグリーンライトのイエローキャブ。
まあ予定は予定。何かしらの要因で販売自体が中止になる事も無いわけではないので、こうしてしっかりと販売された事をまずは喜ぶとして。

「マスタング」の名前を冠し、デザインもマスタングの要素が入りながらも、そのスタイルは4ドアかつ、流線形SUVとなれば、その異端児ぶりに驚く人も少なくないはず。これがマスタング?なんていう声は多数耳にしているが、向こうではどういう扱いなのか少し気になるところではあったり。

ただマッハEにプラスの話をするのであれば、2021年にミシガン州警察がマッハEの2022年モデルをテストし、見事に合格したという話。
このイエローキャブと同時発売のマッハEも、この時にミシガン州警察がテストした車両のグラフィックが施されている……が、当方はスルー。
しかし、この辺を製品化するところは実にグリーンライトらしいなあ、と思ったり。ニッチ過ぎて需要としては微妙であれど、しかし確実に存在する需要を拾い上げる姿勢は他のミニカーブランドには見受けられない気がする。

IMG_6920.jpg

マッチボックスでもベーシックでイエローキャブ仕様がリリース予定で、10月末に登場らしく。
1stカラーの赤、2ndカラーの黄色、3rdカラーのグレー、そしてイエローキャブ。登場が昨年で、昨年登場の赤を今年に持ち越した上で新カラー多数とは、結構優遇されているように思う。

やはり人気や評価に賛否あれど、アメリカ人にとって「マスタング」の名前は日本人にとっての「スカイライン」くらい、重要な名前なのではないかと感じる。日本でもかつてはスカイラインにクロスオーバーがあり、「早すぎた」車として知られるが、クラウンもセダン型クロスオーバー化した今、スカイラインもまた名前存続の為にまたSUVが出てきたり……?

少し脱線したが、当然、ミニカーで製品化されるからには実車も存在する。2021年の年末にニューヨークに現れたマッハEのイエローキャブ。日本でもちょっとだけ話題になった記憶。

実車の車両番号は「4N11」でグリーンライトの「4N12」とは1つ違う。
ニューヨーク市の公式サイトで色々チェック出来るので、4N12を調べてみたところ、どうやら実際の4N12は先代の、日本では未発売のRAV4の様子。こういうデータがあるのは結構(オタク的には)助かる部分だなあと。

さて、タクシーの代名詞的存在でもあるニューヨークのイエローキャブ。
Uber等の配車アプリとの熾烈な争いの後、融和したり、存続を図る為にあの手この手を尽くしているわけだが、最近はBEVに熱があるように見える。
キアやヒュンダイのBEVを採用車種に加えた他、テスラのモデルY、モデル3も採用。まあ正直なところ……。

BEVはデザインの自由度が高いにも関わらず、こう、ガソリン車のデザインをベースにしてるせいなのか、色々と脱せておらず、奇妙さが勝るデザインが多い。
そんな中で、フォードのBEVはわりかし上手く処理しているような印象があり、好感触。

ただ残念なのは日本から撤退して久しいということ。もう6年も経つのだから驚き。
あれこれ理由をつけていたが、結局のところ、日本車の独壇場である日本市場では勝ち目も無ければ、利益を出すのも難しいのだろう。でもあれから6年で自動車市場も変化したのだし、ここは敢えて電気自動車に絞って再上陸するのもアリなのでは?

なんて思いもしたが、日本市場に合わせてコンパクトを増やしても効果が薄かった事を考えれば、BEVで食い潰し合ってる今の日本市場で覇権を取るのは難しいかもなあ、なんて。

そういえば、今年から採用された車種の中には北米でアヴァロン後継として販売開始されたクラウンクロスオーバーも含まれている。
長い長い時代を経て、日本の「クラウン」がニューヨークのイエローキャブの採用車種に含まれた事、そしてフォードの、アメリカの「クラウン」ではない「クラウン」が再びニューヨークのイエローキャブの車種名の一つとして出ている事。時代の流れを感じると共に、もし、フォードがまたセダンを造るのであれば、是非とも「クラウンヴィクトリア」の名前を復活させて欲しいなあ、などと思ったり。

非常に待たされたが、期待以上のクオリティで大変満足。グリーンライト特有の大味感も何故かこのアイテムでは薄く、カッチリとした出来栄え。やれば出来る子。いずれ出そうなNYPD仕様に期待しつつ〆。

(2023/9/13追記)


ついに初の目撃ツイートが。「2A32」号車の様子。やはりこの黄色はどんな車も魅力的に魅せるものがあるように思う。まあそもそもで当方はクラウンクロスオーバーは割りと好きな部類なのだけども。

しかし、改めて、「フォード」の「クラウン」ヴィクトリアから、「トヨタ」の「クラウン」になるなんて、一体誰が予想できただろう?
少なくとも幼少期、イエローキャブの存在を知り、ニューヨークを夢見た幼き当方は全く思い描きもしなかった未来。何が起こるかわからないものだとつくづく。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

マスタング

実にいいですね~、グリーンライトのマッハeタクシー。
当方も探してみます。

しかしまあ、まさかマスタングの名のつくクルマがイエローキャブになっちゃうとは。
【1990年】に次の1~5を聞いたら、一体どこまで信じるのでしょうかね?

1.30年後もフォードのイメージリーダーはマスタング
2.マスタングがSUVになる
3.5ドアのマスタングが登場
4.マスタングが電気自動車
5.マスタングがイエローキャブ

1990年、当方はどれ一つとして信じなかったと思いますw。

  • 2023/09/05(火) 00:18:41 |
  • URL |
  • ワイキキ@第三世界 #-
  • [ 編集 ]

Re: マスタング

>ワイキキさん

>グリーンライトのマッハe
非常にオススメです。当方が買った某ミニカーショップでは予約分のみなのか、それともすぐに売り切れてしまったのか、店頭には並んで居なかったのでもしかすると人気があるのかも?

以前と違い、トイザらスの入荷が完全ランダムなのがちょっと悩ましいですが、タムタム辺りには並んでいると思います。

>マスタングの名のつくクルマ
>1990年

2015年頃にマスタングの4ドアが出るという最初の情報すら当方は割りと信じられなかったものですが、こうして完全EVの5ドアSUVが登場し、そしてそれがイエローキャブとして採用される。
おおよそ8年前ですら信じられなかったような話が現実になっているので、それが1990年となるともっと信じられ無さそうです。

あの当時もGMやトヨタがEVやFCEVの開発をしていたかと思いますし、GMなんかは割りと早い段階でEVを販売していたようですが、そもそもで「エコカー」に括られるような車が本格的に普及し、売れ出したのは2000年代に入ってからの印象です。

しかし、アメリカ車で言えば「マスタング」なわけですが、日本車で言えば「クラウン」も本当に変わったなと。
1990年のクラウンと言えば、市場一番売れたとも言われる130系かと思いますが、あの当時、クラウンが「セダン風クロスオーバー」「スポーツハッチバック」「セダン」「SUV」の4種類のボディスタイルになり、更に基本的には日本専売だったものが、世界戦略車と位置付けられて、北米でも売られるようになるとは。やはり考えられなかったことなのではないかと思います。

  • 2023/09/05(火) 17:21:20 |
  • URL |
  • グリズリー #-
  • [ 編集 ]

鋭いご指摘。日本人にとって、トヨタ・クラウンの変貌こそ、マスタングの事例に匹敵するものですね。
ロールスロイスやベントレーにSUVが登場しても「トレンド」としか思えなかったのですが、クラウンの衝撃はちょっと違う。いや、単体で見たら個人的にけっこう好きなんですけどね、新型クラウン。
クラウンという名でさえ無ければよかったし、クラウンが世界戦略車である必要もなかった。新しい世界戦略車として、まったく新しい車名をつければよかったのに。

ところで、先週公開されたLAST DINOSAURSの新曲動画はご覧になりました?
https://youtu.be/T4L_VuHZuZg?si=jULIxd9O5bBzlVgT
当方のブログで次のネタにします。

  • 2023/09/06(水) 00:51:09 |
  • URL |
  • ワイキキ@第三世界 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>ワイキキさん

>クラウンの変貌
当方としてはクラウンらしさを随所に感じる一方で、大きく変貌した事で受け入れられない人、クラウンじゃなければ……という意見が出るのも自然な流れかと思いますが、昨今のセダンの置かれている状況を見ると「セダン」そのものが決して安泰とは言い難く、「クラウン」という名前を残す為の一つの決断だったのではないかと思います。

「マスタング」もまた、ライバルのカマロとチャレンジャーがモデルチェンジをせずに生産終了する事を考えると、やはりあの手のポニーカーも存続の危機なのを感じます。日本以上にSUVしか売れない、なんて話も耳にします。

ただ、カマロに関しては復活させるような匂わせをGMはしていたので、この様子だとマッハEのライバルとしてSUVとして出るんじゃないかという気がします。

そして今日、センチュリーSUVが発表されましたね。どうやら今後はこのSUVのセンチュリーが「センチュリー」を名乗り、併売される従来型のセンチュリーは「センチュリー(セダン)」となるようで。

クラウンのケースや、最近のSUVの大量追加を見るに、トヨタの中ではもう「セダン」は「車の基本形」ではない、というメッセージにも受け取れます。これも時代の流れだと思いますが、おおよそ当方が子供の頃は全く予想もしなかったですね。


>LAST DINOSAURSの新曲
時々チェックしていたのですが、新曲出たんですね!
早速聴いてみましたが、かなり好みのテイストでした。MVも80sを感じさせるアイテムが多数あって、凝ってる印象です。記事楽しみにしてます。

  • 2023/09/06(水) 16:58:58 |
  • URL |
  • グリズリー #-
  • [ 編集 ]

グリーンライトのマッハE、直近ではパトカー仕様はNY市公園警察とFBIの2種類が出るそうですが、イエローキャブ仕様も鮮やかな黄色が似合っていますね。
マスタングの「働く車」と言えば、個人的にはパトカーのイメージが強いですが、SUVになったことで、近いうちに米国本国で消防指揮車やドクターカーにも採用され、それこそグリーンライトやマッチボックスによる商品展開がされるんじゃないか、と言うところまで想像してしまいます。

  • 2023/09/10(日) 18:40:02 |
  • URL |
  • 中央水槽1 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>中央水槽1さん

>グリーンライトのマッハE
これの前に出ていたディーラーアソート?の水色も探せば良かったかなあ、と少しだけ後悔していたり。
色々バリエーション展開が告知されてましたね。とは言え、やっぱりタクシー好きでイエローキャブ好きの当方には今回のイエローキャブが一番琴線に触れました。NV200もそうですが、当方の場合、いくら純正がイマイチに感じても、イエローキャブ仕様になるといくらか「格好良く」写ってしまいます。

>マスタングの「働く車」
当方の中でもやっぱりパトカーのイメージが強いですね。
思えば、FOX時代はCHPに採用実績もありましたし、トランスフォーマーの映画ではマスタングベースのサリーンS281のパトカーが印象的でした。主人公機がカマロだからこそ、バリケードのパトカーが対比していて、より魅力的に見えると言いますか。
SUVという事を考えると、今後パトカー、タクシー以外での採用も出てきそうですね。
今後実車の採用が増えれば増える程、グリーンライトで様々なバリエーションが展開されそうですし、いずれはマッチボックスから「ナショナルパークレンジャー」仕様が出てくるんじゃないかとも思ったり。

  • 2023/09/12(火) 00:40:09 |
  • URL |
  • グリズリー #-
  • [ 編集 ]

>FOX時代
あの型は多くの州警察がこぞって導入していましたが、その中でもCHPは先駆けの存在だったようです。ちょうど、同時期の日本でいう高速隊のフェアレディZのような位置づけだったのでしょうね。

>カマロ
マスタング、カマロ、そしてダッジ・チャレンジャー等のようないわゆる「ポニーカー」は、それこそ日本の280馬力級のスポーツカーよろしくあちらで親しまれた存在でしょうね。それがSUVになったのですから、本当に時代が変わったと感じさせられます。
昔はFFクーペだった三菱・エクリプスも今ではクロスオーバーSUVとしてその名が復活しているので、自動車業界はまさに「SUV戦国時代」といったところですね。

  • 2023/09/12(火) 23:30:36 |
  • URL |
  • 中央水槽1 #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>中央水槽1さん

>フェアレディZのような位置づけ
>「ポニーカー」
>日本の280馬力級のスポーツカー

クーペというか2ドアが売れる時代故に、アメリカから見た海外メーカーの2ドア車もポニーカーと渡り合えたのではないかと思います。故に、2020年代の今現在、2ドアの不人気、かつては脚光を浴びていた名門ポニーカー達が隅に追いやられてしまった事に時代の流れを感じると共に、その時代を知る人にしてみれば、さぞ寂しいものだろうと思います。

>エクリプス
確かに日本でも他の車に先駆けて、SUVとして復活したネーミングではありますね。
ただ、エクリプスクロスに関しては、商標の兼ね合いで新しい名前を使うよりも……なんていう大人の事情の方を感じてしまいます(笑)

しかし、なんでもかんでもSUVにして過去、脚光を浴びたネーミングを使い回すのはブランドを自らの手で絶やす可能性も無きにしもあらずですから、各社、ほどほどにして欲しい感じはします。

  • 2023/09/13(水) 00:20:15 |
  • URL |
  • グリズリー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する