fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

キッチンカーの情景

IMG_9588.jpg
IMG_9589.jpg
TOMICA LIMITED SUBARU SAMBAR DIAS CLASSIC

昨年のアイテム。今更紹介?という話なのだが、新規に写真を取るのが面倒なので敢えてご紹介。

日本では令和の今でも、軽バンをシトロエン・Hバンのようなレトロなスタイルにしたフードトラックが散見されるし、光岡を筆頭に、80年代以前の、レトロなスタイルを現行車のパーツだけを変えて作り上げるスタイルの車が多く存在する。

思えば、日産のパイクカーもレトロなスタイルが特徴的だったし、90年代後半辺りは特に、日本車でレトロスタイルがブームだったのでは無いかと思う。
一時期のスバルも例外ではなく、今回製品化されたサンバーディアス・クラシックを始め、インプレッサ・カサブランカだとか、ヴィヴィオ・ビストロだとか、丸目に換装されたヘッドライトを特徴とした車がいくつか存在していた。

まあ人気だったのかと聞かれれば、町中でほぼ見かけないので答えはノーだろう。
でも、全く見かけないわけじゃないという、絶妙なラインではあるのは事実。となると、メーカーがこぞってそこに乗り出したのは眠れる金脈を求めてか、将又まだメーカーに今以上の体力があったかのどちらか……のような気がするのだが、実際どうなのだろう?

IMG_9590.jpg

で、今回トミーテックはサンバーディアスをレトロ調に公式がカスタマイズした「サンバーディアス・クラシック」を製品化。
1/64の軽自動車は確かに小さい印象を受けるのだが、そこはTLV。開閉ギミックを付ける事で満足感アップ。

しかも今回はキッチンカーとしてカスタマイズが施されたモデル。スライドドアを開けて、折りたたみ式のテーブルを開ければ店員さんがお出迎え。常に狭い空間に放り込まれているわけだが。

今回、製品化されたこのサンバーディアス・クラシックがキッチンカーとして改造が施されているように、やはりこの手のレトロスタイルの軽バンはキッチンカーとして定番なように思う。
いや、それともキッチンカーとして改造を施した軽バンや軽トラをレトロスタイルに改造しているのか。卵が先か鶏が先か、なんて話ではあるが、公式が折に触れるように、やはりキッチンカーとしてこの手のレトロスタイルの軽自動車は定番という事実は覆らないということだろう。

IMG_9592.jpg

TLVのカースナップシリーズは正直割高感が常に拭えないのだが、それでも、ストラクチャー自体はちょっと欲しいかも、と思わせるような「良いところ」を突いて来るのは流石、HOゲージとNゲージで『ジオコレ』なるストラクチャーシリーズを展開しているだけのことはある。
どんな場面でも……というわけでは無いが、ちょっとしたストーリーを想像できるようなストラクチャーは当方のようなおままごとに近い遊びが好きな大きいお友達には特に刺さるのではないかと思う。

ただねえ……そろそろ、90年代の「一般的な」雰囲気のガレージ付き一軒家とか出ないだろうか。まあ出たとしても当方はスルーしそうだし、値段も1万円を超えてきてしまうだろうが。

IMG_9593.jpg

にゃんこまで付いてお得感。当然、カフェ側が設置したテーブルに腰掛けてラップトップを開くニット帽の男性とカフェ店員に、wakiyaku氏に制作して頂いた傭兵とアンソニーフィギュアを並べても違和感ない。うーん、本当によく出来ている。獣人が居るのがそもそも違和感というツッコミは無しで。

IMG_9594.jpg

コーヒーを注文する整備士。ジオラマとフィギュアの良い点はやはりこうしてミニカーとセットで並べる事でミニドラマや情景の演出が出来る、そこに尽きる。

右のメニュー用のボードを始め、本来ならあちこちにシールが貼れるように出来ているのだが、どのシールにするか少し悩んでしまったこと、ベタベタ貼り付けてしまうのもなあ……ということで断念。

こういうシール、予備を入れてくれると嬉しんだけどそういうわけにも行かないのだろうなあ。バス特注系トミカだと割と躊躇なく貼れるのだが、やはり金額の差か。

今から買うとなっても、なかなか難しいような気もするが、とりあえずは改めて「オススメ」として、覚書として。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する