fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

延伸

IMG_9994.jpg
IMG_9995.jpg
TOMICA HUMMER H2 LIMOUSINE

滞り気味の更新。ネタはあるのだが、いかんせん、腰が重いのなんの。というのは置いといて、今日発売のロングトミカ。
リムジンのトミカはおおよそ10年前にキャデラック・エスカレードの物が出ているがこれがまた……後述。

ハマーH2の生産終了から既に10年以上が経過する今、何故ハマーのリムジンを?しかもピンク?と思わなくもないのだが、出来栄えを見てそんなことがどうでも良くなってしまった。

IMG_9993.jpg

この圧倒的存在感。未だにラインナップに居座るハマー・H2をそのままストレッチした大きさで、非常にアメ車の巨大さと威圧感を全面に押し出している。生憎H2がどこにしまわれてるかわからないので比べられないのだけども……。

今まで色々なリムジンのミニカーを触れてきているが、当方的には歴代でも一位のリムジンのミニカーではないかと思う。リムジンらしさで言えば、古いマジョレットのベンツのリムジンなんかは前後のドアが開閉し、アンテナが装着されてることでリムジンらしさを非常に感じたものだが、トミカのこのリムジンはドア開閉こそないものの、リムジンの存在感を十分以上に醸し出している。

IMG_9996.jpg

ギミックは屋根着脱。一体どういうことだと思われがちだが、概ね当方の予想通りの飽き方ですべてを察した。
ただ車内を眺めることが出来るのがこのギミックの意図ではおそらくないだろう。ではどういう意図があるのかと言えば、まずリムジンを説明しなくてはならない。

リムジンと言えば高級車かつ、企業の重役やお金持ちの移動手段……という立ち位置の乗り物だった。とにかく見せびらかす、お金持ちというのを誇示する、その為に存在感ある乗り物を、というのがリムジン。

無論、今でもその立ち位置に基本的にブレは無い。アメリカ大統領の専用車、キャデラック・ワンはリムジンだし、宮内庁の天皇皇后両陛下のセンチュリーは確か若干だがボディがストレッチされていたはず。

だが、今の時代、リムジンを移動手段に用いる企業の重役やお金持ちはそう多くはないだろう。
リムジンのベース車両として使いやすかったリンカーン・タウンカー……というかパンサープラットフォームのようなアメリカンフルサイズかつ、ラダーフレームの車両が生産を終え、セダン系は軒並みモノコックボディ化。これによりリムジンは作りにくくなったのもおそらく拍車を掛けた。

或いはSUV人気によって、ハイエンドのSUVが出てきた事、リムジンでなくとも高級感や威厳を与えるデザインの高級車が多数存在する事、実用性を度外視する価値観よりも実用性を重視する価値観が当たり前になったのも要因だろう。飽くまで推測だけども。

そんなリムジンのベースはラダーフレームボディのSUVやピックアップトラックベースのものも少なくない。このハマーのリムジンだって、そういう時期に出てきた車両。ハマーH2はシボレー・タホのプラットフォームをベースにしたラダーフレームのSUV。蛇足だが、噂に寄ると自重に耐えられず、足回りが折れることがあるらしい。

IMG_9997.jpg

で、どういうことかと言うと。つまりこうやってフィギュアを、プラキッズを突っ込む為のギミックと見た。当方が突っ込むのはトイズキャビンの整備士とアンソニー・サイモンと傭兵だが。

現代におけるリムジンは高級感のある乗り物という要素に加えて、パーティー用の乗り物という側面が非常に強い。
車内設備が豪華であること、広い車内空間で大人数を載せられるということ、パーティーの送迎中も盛り上げられる。それがリムジン。

サンルーフを開けて風を感じるように、リムジンもサンルーフ・ムーンルーフを装備している事が多い。中には屋根全面がソフトトップになっているものも珍しくない。そしてパーティー用途で使用されるリムジンの屋根から顔を出す人も決して少なくないはず。

ドアを開けるよりも、ずっと面白いギミックだと踏んだが、さて他の人の反応はどんなものだろうか。

IMG_9998.jpg

さて。トミカにはもう1台リムジンがある。おおよそ10年ほど前にリリースされた、キャデラック・エスカレードをベースにしたリムジン。
左右後部ドア開閉のギミックを持っているのだが、まあ出来栄えで言えば……。ストレッチされすぎている印象があるというのもあるが、一番の問題点は根本的なスケールが小さすぎるという点に尽きる。

IMG_9999.jpg

おかげで全長こそ、ハマーリムジンと大差無い中、印象としてはハマーリムジンの半分の大きさというイメージに。おそらく箱の起きさに合わせて全長を決めており、そのせいでリムジンでありながらも、妙に間延びして細長い印象をうけてしまうのだろう。これ、逆にノーマルボディに戻したらどんなことになるんだろうか?

と言ったところで〆。最近のロングトミカはギミックもチョイスするネタもウィットに富んでいて子供も大人も喜ぶアイテムに仕上がっているように思う。逆に言えば、ロングトミカくらいの水準でないと、面白いギミックは簡単には付けられないということか。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する