fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

50周年の終わり

IMG_9306.jpg
IMG_9307.jpg
TOMICA HINO PROFIA TOMICA EXPO TRUCK

トミカ50周年の終わり。9ヶ月の延長を図ったものの、状況はそこまで好転せず、今年は最後までトミカ博は開催されなかった。

台湾のトミカ博で先行して配布されていたプロフィア。おそらく今年の、延長した50周年のトミカ博という形で入場プレゼントで配る予定だったのだろうが、悲しいかな。開催出来ずに、最後は9月が終わり、50周年イベントが終了する直前に、夏のクラウンパトカー同様に、大型商品と抱き合わせるという暴挙によっての配布となってしまった。まあ当方はネットでこれだけ購入したのだけども。

COVID-19、幸いにも我が国ではワクチン接種率が7割超えしたこともあり、落ち着きを取り戻しつつあるわけだけども、TMSと合わせて、今、この時期に落ち着いた事で「開催されないのがもったいないな」というケースが多々あるように思う。

まあTMSも、このトミカ博も、大規模なイベントは前もって準備が必要であり、こうなってしまうのは致し方ないのだが。かと言って、預言者でもないので数カ月先の状況など見通せるわけもなく、準備していても宣言やらなにやらで中止せざるを得ない状況になってしまう、ということも決して珍しく無い。そうなると、早期に「中止」の決断に踏み切るのもまた致し方ないだろう。

故に、大量に余ったこのプロフィアが放出されたわけだけども。
白いボディと赤い荷台はまさしくトミカのイメージカラーを象徴する二色。昔のトミカショップ限定モデルもこの二色が用いられる事が多かったような記憶がある。
そこに黄色のウィンドウとゴールドのリムカラー。少しおもちゃ感を感じるが、50周年のテーマカラーが「ゴールド」なのは新車シールからも伺える。故に、この1台に「トミカ50周年」を落とし込めたと言えよう。おもちゃのアンリアル感(=デフォルメ)と実車ベースのリアリティ感が程良く融合していて、おそらく今までリリースされてきた50周年記念アイテムの中でも上位に来るレベルで、「トミカ50周年記念」を感じられるのではないだろうか。大人も子供も喜ぶような、そんなモデル。

故に配布方法が大型商品抱き合わせという暴挙なのがやはり引っかかるというか、勿体ないなあ、という印象。

IMG_9308.jpg

15年以上前から使い回され続けている荷台とは言え、こういうギミック付きなのも強み。「トミカ博トラック」という名目なので感覚的にはイベントトラックだろうか。

しかし、改めて、本当に踏んだり蹴ったりな50周年になってしまったのは少し気の毒でもあったり。延長するという悪あがきをしても、状況は好転せず。

昨年のCOVID-19に始まり、その混乱による新車販売時期のズレや、販売延期に、公式ツイッター担当者のクソ寒いギャグからの、リカちゃんを巡っての、不適切な表現による一時的な更新休止からの担当者交代。
いや、トミカ50周年で色々と宣伝してなんぼのタイミングで何やってるの……と思ったのも記憶にまだ新しい。

思えばこの辺りからちょっとタカラトミーの商品に対するスタンスが飽くまで「売るもの」に過ぎず、ブランドに対する愛が無いのかもしれないと、雲行きが怪しくなってきたっけ。時勢的な要因も大きかったとは言え。

そもそも、ネタに振り切っていた公式アカウント自体がなんというか全体的に「スベっている」感じで、何も面白くなく、かと言っておもちゃの宣伝も特にひねりや購買意欲がそそられるようなものでもなく、兎に角「退屈な」アカウントだった。

今のアカウントはどうか?
言ってしまえば、キャッチが上手くないというか、購買意欲がそそられない宣伝ツイート。端的に言うなら寒いギャグが取り除かれただけで、相変わらず「退屈な」アカウント。

うーん、当方はそこまでマーケティングに造詣が深いわけでもないから的外れな意見なのかもしれないけれど、宣伝したいおもちゃのセールスポイントを把握していない人がやっているようにしか見えず……。担当者の交代劇もあったのだし、折角ならそのおもちゃをプロデュースした人に宣伝させれば良いのにな、なんて思ってしまうのは安直だろうか?

IMG_9309.jpg

TMSのプロフィアと並べて。TMSの方は赤いヘッドなので、リバーシブルカラーにも見えなくも。辛くも、今年はどっちのイベントも中止されてしまったが、次の機会にはしっかり開催されると良いなあと。

ここからは余談。

当方が行きつけだった某所のお店が閉店セールをやっているとのことで。最近はタイミングやら、お金を極力キープしたいという意図もあって、2ヶ月程伺ってないのだが、やっぱり閉店を決断したのかと……。最後に覗きに行こうと思っているが、まさかこんなことになるとは。本当に寂しい限り。また一つ、想い出のお店が無くなってしまう。経済が変わらないままだったら、こうなはならなかったのだろうか、とか色々考えてしまうが、どうにも出来ないのも事実。やはり少子高齢化の現代においておもちゃ屋の存続は難しいのだろう。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する