fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

ぼのぼのする

IMG_9364.jpg
IMG_9365.jpg
TOMICA ISUZU ELGA

ぷちカスタム。シールベタベタ状態のアレのベースカラーを見てふと思い立ったものが、ぼのぼの。

当方にとって、ぼのぼのは幼少期に見ていたアニメで、テレ東版のぼのぼのは未だに好きだったり。
今も放送中のフジテレビ版も決して悪くないのだが、汗の効果音だとか、ぼのぼのののんびりとした喋り方、故藤原啓治氏のアライグマくんの声とか、色々とテレ東版の方がやっぱり馴染み深い。

IMG_9366.jpg

都バスにするかなーなんて思ったりもしたのだがそうすると前部分は緑&都営マークが必須。かと言って、他のバスは詳しくないし……で結局そのまま。
それにしても、バスはトラックの荷台についで大きなキャンバスのように思う。バスのラッピング広告が積極的なのも、トラック以上に走るルートが固定され、更には市民の足として使われてるからに他ならないのだろう。どれくらい費用対効果が見込めるものなのかは詳しくないが。

今年でぼのぼのは35周年という話だし、臨港バスじゃないにせよ、どこかのバス会社でキャラクターラッピングバスを走らせても良かったのではないかと思ってしまうのは当方だけだろうか。

思えば、フジテレビで新たにぼのぼのがアニメ化されたのも30周年を記念してのことだったような記憶がある。むしろ、ぼのぼのアニメが再スタートしてから5年も経ったという事実に驚いてしまったり。あの時当方は高校生。最初のうちはしっかり録画して見ていたのだが、録画環境が無くなってしまってからは全く見なくなってしまった。見たいとは思うのだが。

IMG_9369.jpg

左右で色違うんだよなあとか色々思いつつ。昔も今も改めてぼのぼのが好きなのは、やっぱり作風と程よい緩さからか。今時ぼのぼのが好きな人ってのは多分当方よりもっと上の世代な気がするが、当方の世代、あるいはもっと下の世代にも好きな人って多分居るんだろうな。

そういえばフル3Dアニメ映画をやるという話を小耳に挟んでいるのだが、それってどうなんだ、と。動物を3DCGって難易度高いように思うし、ましてやデフォルメ調の強い作品だとより顕著な気がしてならない。事実、先行カットを見ると違和感が凄い。

攻殻機動隊のように、絵柄自体がリアル寄りの作品ならまだしも、子供向けによく見られるカートゥーン調の物を立体化する難しさと言ったら。それに作ったとして、それが受け入れられるかもまた別問題で……。
例えば、始めから3Dで作られているゲームをそのまま3D映画化は大いにアリだし、実際バイオハザードのように受けているケースも多々あるが、その一方で、アニメやマンガを3D映画化というのは不可逆的なことを無理やりやっているような、そんな気がしてしまう。

にもかかわらず、昨今、やたら3Dアニメが増えてきている印象がある。あのジブリですら3Dアニメに手を出した。あの作品は興行収入的にヤバそうだが。
でも、ジブリの良さってのはあの絵柄とシナリオの相乗効果であって、片方が掛けてしまうと途端に……と思ってしまう。アーヤと魔女だったか、もしこれがいつものジブリの絵柄なら絶対観ていたと思うが、3Dのそれを観ようという気にはならなかったり……。

というか、3Dでアニメを制作側がやるメリットとはなんなのだろう?
3Dモデリングを少し齧っているからこそ、その難しさや手間ってのはかなりのものなのだが、絵を描くよりかは効率が良いということなのか?

と、大分本題からそれてしまったような気もするが、エルガのキャストそのものはエトセトラで触れているので、偶にはこういう逸れた話題も良かろうと。

img9370.jpg

余談。久々?でもないが失敗。急がば回れとはこの事を言うのだと。
ブライトレッドを塗るのはやっぱり難しいなあなんて思ったり。ちょっと厚塗りしたらこのザマ。カブってしまった。とりあえずクリアーがある程度乾いてからマスキングして赤を上塗り、塗装面を均して再びクリアーを入れるとしよう。やはりこの色は薄く何度か塗り重ねてから一気に厚く塗るのが正解なのだろう。ぼかしを入れてるのは何のネタかは完成してからのお楽しみということで。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する