fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

トミカエトセトラその2

IMG_9333.jpg
IMG_9334.jpg
TOMICA NISSAN CARAVAN

またしてもトミカ色々雑記。今回はカスタム品中心に。カスタム品はミューゼオで……なんて思っていたのが多分約1年前?
しかしながら、ツイッターのアカウント分けが全く意味を為していないのと同様に、案の定放置。ブログどころかSNSにも一切載せていないカスタム品が割と沢山あったり。

当ブログがそれこそ、某解体所のように、カスタムのイロハを書くようなブログならそちらでまとめてしまうのも手なのだが、今更イロハを教えるのもどうかと思ってしまうし、それこそ某解体所の二番煎じになって、あちら様にも迷惑に思えてしまうので当ブログはのんびりと気儘に。

トップバッターは絶版No.106の日産・NV350キャラバン。日産のバンとしてNVシリーズが設定されて居たが、ペットネームに慣れている日本ではよくわからない英数字って馴染み難く、案の定現行キャラバンではNV350表記は控えめ。NV150?のADバンに至っては最近のマイナーチェンジでNVの冠が外れたと聞いている。

で、本題はこのキャラバンの仕様。オフハウス仕様。当ブログを読んでいる、或いはミニカーを買い漁っている諸兄淑女の方々の8割、いや9割はお世話になっているはず。ホビーオフとブックオフは我らの味方……というのは言い過ぎか。相場だったり、相場より逆に高かったり。かと思えば、相場の半分以下でなんてことも珍しく無い。そういう一期一会が楽しいのがリサイクルショップ巡り。相場以下、かつなかなかお目にかかれないアイテムを見つけたときの高揚感と言ったらもう……。

IMG_9335.jpg

ツイッターに載せたら大分好感触だったが、フロントにデカールの貼り忘れが合ったのに気づいてブログではバージョン2を掲載。

ホビーオフ公式アカウント曰く、割と実現したいプロジェクトの一つらしいのだが、トミカの特注は割と条件が厳しく実現が難しいのだとか。いつかにも触れた気がするがトミカの特注の条件に「ブランド価値」とかを付け加えてアレコレ言い出すならもっとトミカを、車を理解してる人をトミカのプロジェクトの中心に据えるべきだと思うのだが。

勿論、車好きで固めてしまえば、ラインナップも偏りが酷くなるだろうし、詳しくない、興味ないという人がプロジェクトに居るのは悪いことだとは思わない。そういう人が居る方がマーケティングの面でも大事だろうと思う。オタクが趣味でやってるわけではなく、一応は商売なわけで。売れなければ、潰える。その為には売れるラインナップを出さなくてはならない。

でもねえ……何度でも掘り返すが「スズキ・サンバー」事件は本当に、今のトミカが、タカラトミーという会社が置かれている状況が如実に悪い方に向かってるのを象徴しているように思えてならない。
製品化において、ライセンスを許可して居るスバルは勿論、間違えられたスズキにも失礼だし、マクドナルドと小学館にもそれなりに迷惑がかかっているしで、ちょっとやらかし度合いがかなり重いように思うのだけど。

そもそもダブルチェックとかしてないの?と。企業体質すら不安を覚える領域。ブラックという噂は成されているが、紙媒体で印刷するまで気が付かないということはこの噂も割と信憑性が高いんじゃあなかろうか。

最後の「版権元様には一切責任はありません」の一文がまたなんとも。この一文から読み取れるのは間違いなく、全てがタカラトミー内部でのミスということなのだろう。

まあ色々言いたい放題だが、当方はトミカを好き勝手改造して遊んでる身分なので、向こうから文句言われても何も言えないのだけど。この辺は多分ファンアートやら同人誌に近いのかなあ、なんて思いつつ。

IMG_9336.jpg
IMG_9337.jpg
TOMICA MITSUBISHI FUSO CANTER

こちらはキャンター。荷台のシールが剥がれかかっていたのを剥がして、代わりにペンギン急便のデカールを貼ってみた。アークナイツの。
ただ「ペンギン急便」なんて言っておきながら、あの世界観やペンギン急便周りのシナリオを考えると多分ヤマトや佐川みたいな配達業務をやっているのか些か疑問。まあシナリオ全部は追えて居ないし、シナリオが濃密なのにキャラまで濃密なので全部頭に叩き込むなんて事ができないのだが。それにかなりやり込んでるわけでもなく。当方の解釈違いの可能性も無きにしもあらず。

IMG_9338.jpg

こっちもまたツイートに少しだけ反応が来たが、まあこれ反応したのはアークナイツプレイヤーだよね。アンソニー・サイモンことマウンテンと撮ったものもツイートしたが、そっちに反応したのもプレイヤーとプレイはしていないがアークナイツのケモノを知る人。

つくづく車っていうアイテムは包括する範囲が広いのを感じる。当方が幅広く車が好きで、幅広いジャンルでカスタムをするからこそ、余計にそれぞれのジャンルの人からいいねが来る度に、やっぱりこの人は~~だよな、と思ったり。きっと車以外でもそういうのってあるんだろう。鉄道においても、新幹線、近郊型、通勤型、JR、私鉄諸々、細かく分かれるように。

アンソニーのシナリオがあると聞いて再開したは良いものの、レベル上げの素材集めに苦戦。ソシャゲに限らずこういうのはあるが、つくづくこういうのが苦手だなと……。アニメ化が決まったようだけど、本編もいいけどイベントシナリオの映像化も期待したいな、なんて。というかノベライズが一番読みたいかもしれない。

IMG_9331.jpg
IMG_9332.jpg
TOMICA TOYOTA CAROLLA TOURING

お次はカローラツーリング。首都高に実際にカローラツーリングの道路パトロールカーが存在しており、ツイッターのフォロワーが掲載していたのを見て制作。元の車が格好良いと、やっぱり道路パトロールカーもカッコ良い。
マスキングは非常に面倒だったのだが、成功したときの達成感とマスキングテープを剥がすときのワクワク感はリサイクルショップで掘り出し物を見つけた時の高揚感に近いかもしれない。

ハイエースのこれがみたいと言われたが、「見たい」というなら資料とサイレンパーツくらいは送ってこいよと思わなくも無い。

IMG_9328.jpg
IMG_9329.jpg
IMG_9330.jpg

最後に進捗を載せて。コカ・コーラルートトラックの荷台を加工してブルキャンにポン付け。
エルフと荷台を共有している割にエルフの荷台が全く乗らない謎仕様だが、加工して乗せるまでの話。前回の記事の互換性の話に戻る。

なお、コカコーラとして作る予定は全く無かったり。とりあえずこれもネタを合わせて製作中……。

それにしても、白色のコカコーラルートトラックを見た記憶が無く、直近で見かけるコカコーラのルートトラックは赤色で、子供の頃に見かけていたのも赤色なのだが、白色のこれって存在したのだろうか?
仮に実在したとして、今赤色に戻っているということはやっぱり「コーポレートカラー」って割と重要なんじゃないかと思えたり。

ところで、エルフのルートトラックを見た記憶がないのだが、これはこれで存在するのだろうか?
見かけるルートトラックは大体キャンターかダイナ/トヨエース/デュトロ。エルフベースのものを見た記憶はない。UD・カゼットを見たという報告は貰ったが、カゼット自体がレアなのでどんだけレアなんだよ、と。

というか仮にエルフのルートトラックが存在するとして、トミカが製品化しているハイキャブじゃなくて標準キャブだよね……。

ただ、トミカがかつて製品化していた4代目ベースのエルフのコカコーラルートトラックはトミカで出ていたあの仕様まんまで実在していたのを確認済み。やっぱり「街中に本物が走っている」のって割とミニカーにおいて重要な要素に思う今日この頃。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する