fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

定番シンボル

IMG_8409.jpg
IMG_8410.jpg
HOTWHEELS PORSCHE 356 OUTLAW

気付けば2週間近くも更新が開いてる事実。夏バテが変わらず続いてるのもあるが、根本的に何をするにも無気力気味。夏が好きとか言いながら、夏に一番弱い気がしてきた今日この頃。

カスタムもぼちぼち再開しなくてはならない状況で、とりあえず彩色のリハビリ、と思って買ってきたのがこのポルシェ・356A。ガルフカラー。単品売りアイテム。再開しようと思っていた矢先に天気が1週間程悪い予報が出ている上に大雨が続いて危険なんて言われてる始末。タイミングの悪さよ。
しかし長期休暇が多いであろうこのお盆の時期に大雨とは最難な。今年の夏はどうにもこうにも、例年とはなんか違うんだよなーなんて。

本題。普段興味も向かない、食指も伸びないような車種もガルフカラーだとあら不思議。ちょっと欲しくなってしまう。
ポルシェはそれなり程度にしか好きではない当方。ましてや、オールドポルシェともなると余計に興味も薄れるのだが、ガルフカラーだとやっぱりちょっといいなと思ってしまう。

さて。ガルフカラーについて。当方にとってガルフカラーのイメージはやはりルマンのフォードGT40のイメージが強く、ガルフと言えばフォードGT、フォードGTといえばガルフ……なのだが、ガルフカラーって年代によって纏っていたブランドが異なる。

IMG_8411.jpg

例えばポルシェ。ポルシェのガルフカラーも割と代名詞的存在で、917LHのガルフカラーも思い起こされるわけだし、日本でも911のスーパーGTマシンがガルフカラーを纏っていた。割とガルフのイメージがポルシェという諸兄淑女の方も多い筈。

ところがイギリスメーカーもガルフカラーを結構纏ってる。アストンマーチンだって、ルマンでGTEクラスだったと思うが、ヴァンテージのGTカーでガルフカラーを走らせて居たし、もっと前にはマクラーレンF1GTRがガルフカラーを纏っていた。
尤も、マクラーレンのガルフカラーは伝統的な薄水色/オレンジのカラーリングに加えて、ボディサイドが黒でペイントされていて、他とは系統が異なる存在だったわけだが。

ちなみに今度からは再びマクラーレンにガルフカラーがまとわれるのだとかなんとか。また往年のF1GTR風のペイントに期待したい所。

さて、今度はキャストの話。どのアソートか失念してしまったのだが、つい最近のアソートのSTHはこのポルシェだった。
単品売りの中にSTHが紛れる事はあり得ないが、スペクトラフレームのライトブルーにオレンジストライプのガルフカラーはそこそこ映えそうだよな、なんて。
以前このポルシェでSTH風のスペクトラフレームを作ろうとして失敗したなあ、なんて苦い記憶を思い出しつつ、そんな苦い思い出のある車種でリハビリ。またぼちぼちとカスタム品を量産したい所……なのだが、天気が来週末くらいまで悪そうなのがちょっと残念。まあ仕事だ、なんだとお盆関係無しにあるので、然程問題ではないのかも知れないが。

既に各地で大雨の影響が出ているようだが、大事に至らない事を願うばかり。と言った所で〆。更新速度は多分上がらない。残念。

以下、音楽の話。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村



Daryl Hall & John Oates - Maneater

地味に夏の終わりくらいに聞きたくなるのがManeater。つい先日Netflix で配信されてた最新シーズンの「アメリカン・ホラー・ストーリー」の「1984」を見る機会があったのだが、そこでもこの曲が流れるシーンがあってちょっとテンションが上った記憶。

何気に当ブログで既にこの曲は紹介していたような気がしてたのだが、サーチしても引っかからないので気の所為らしい。

Hall & Oatesは正直コレ以外だとOut of Touchくらいしか知らないというか、聞かないのだけど。

音楽の話から逸れるが、アメリカン・ホラー・ストーリーを見てて思ったのは、「ストレンジャー・シングス」しかり、昨今のアメリカにおける「80年代ブーム」。

前にもこのブームに関して触れた記憶があるが、「アメリカ」って改めて考えるとおおよそ10年周期にデザイン・文化・価値観が変化する国に思える。

そう考えると当方が好きだったアメリカって、2000年代のアメリカと2010年代の本当に頭の方のアメリカで、今のアメリカにそこまで魅力を感じて居ないことに気付かされてしまった。
当方がアメリカに行きたい、触れたいと思ってるのは「2000年代のアメリカ」であって、「2020年代のアメリカ」ではない事に気付いたときのモヤモヤ感。

まあ懐古主義過ぎても良くないのだが、やっぱり思い出は、過去は美化されてしまうのだろうし、戻らぬそれよりも、今を受け入れる他無いので程々に。向こうに渡って、2000年代の残り香を探したいところ。……まあCOVID-19でアメリカも例外なく変化してしまったのだけども。














スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する