fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

判断基準

IMG_4911.jpg
IMG_4912.jpg
TOMICA TOYOTA iQ

気付けば12月も半ばに差し掛かり、あと2週間程でクリスマス。おそろしや。今年は1年がとても速く感じたが、やはり2か月程の「虚無時間」の存在が大きいのだろうか。

今回はちょっと懐かしいトミカでエントリーをば。トヨタ・iQ。登場した当時、そのスタイリングに驚いたものだが、早い話、トヨタがスマートを作ったら……?というコンセプトに近い気がする。まあ調べてみると、Aセグメントに当時、欧州メーカー各社が力を入れて居たので、トヨタの答えがこの車だった、ということらしいのだが。

日本では軽自動車よりも小さかったらしいiQだけど、この手のコンパクトカー、当方としては決して乗りたいと思う車ではないが嫌いではなかったり。
なんというか、この手のコンパクトカーって、実にサイバーパンクな香りがするように思うのだ。セインツロウの「Emu」しかり、GTAVの「Panto」しかり、スマート・フォーツーをモデルにしたAセグメント車しかり、つい先日ようやく販売となった「サイバーパンク2077」の「マキガイ・マイマイ」のようなオリジナルカーしかり。

この手の車は「シティカー」であり、ちょっとそこまで買い物に行くのに最適で、路地も走れる。狭い都市部にはうってつけというか。だからこそ、少し仄暗ささえ感じるサイバーパンクな街並みにこの手の車が似合うように思ってしまうのかもしれない。

しかし、この車種も販売当時は興味がないとスルーしたものだけど、今回定価とほぼ同じ額で美品箱付きが手に入って満足。
カスタムベースに、とも思ったがこの車はこのまま置いておくとして、いずれジャンクを見つけてカスタムしたいところ。

というのも、当方的にはこれを弄ってアストンマーチン・シグネットを作りたいのだ。英国の老舗スポーツカーメーカー、アストンマーチンがCAFE対策を想定して、試験的にコンパクトカーに着手したのがシグネット。

当時、なんだこの変なiQみたいな車は!なんて思ったものだが、それが公式に、iQをベースにモデファイされて製造されてる車と知り、驚いた当時。確か知ったきっかけはランナバウトと並んで当方がバイブルだと感じて居る「ドライバー:サンフランシスコ」だったか。
トヨタが出て居ないが、シグネットが出て居るその抜け穴感はかつての、そして同ゲームもやって居た「ポルシェが使えないからRUFを出す」によく似て居るように思う。まあ、アメリカでiQが販売されていたという話は聞かないから、単に制作陣のオタクっぷりが発揮されただけなんだろうけども。

しかし、今のトミカと大差ないギミックレス、別パーツ分割もないボディだが、今のトミカよりも「味」があるように感じるのは作り手の心意気か、はたまた時間の流れによる「味」の変化か。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する