fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

プラスアルファ程……

IMG_4771.jpg
IMG_4772.jpg
TOMICA HONDA PARTNER

商用バンの雰囲気が当方は意外と好きだったりする。2000年代の商用バンはプロボックス/サクシード、ADバン、そしてパートナーだと思う。かつてはファミリアバンだとか、ランサーカーゴも居たわけだけど、今やその辺はADやらプロボックスのOEMになったり、生産終了して居たりと、残念ながら既に消えて久しい。そんな中で、2010年まで、細々と生き残って居たのがホンダという印象。

子供の時、「知って居る車」と言えば、トミカになった車か、ゲームに出てきた車ぐらいのもの。最初見かけた最終型パートナーはエアウェイブの低級グレードだと思ったものだった。まあ実際にはかなり違うんだけど。

今見ても、やはり独特のスタイルであると同時に、当時は商用車に感じて居た、それこそ実用性だけを重視して作られたプロボックスのような無骨さが薄く、エアウェイブの特徴的なウィンドウスタイルを継承して居た関係もあって、当方的には比較的現代的なスタイリングだと感じたものだった。今見ても商用車らしからぬ雰囲気を纏って居るように思う。

IMG_4773.jpg

トミカではこの手の地味目な車が不人気になりがちなのはブルーテックキャンターの記事で触れた通り。
だが、この手の地味な車こそが、街中を再現するアイテムとしては非常に重要であるのもまた事実で、この手の商用車やトラックが居るからこそ、街中をよりリアリティのあるものへと変えてくれているようにも思ったり。

ベトナム製もおそらく存在しないし、長らくエアウェイブ自体のカラーバリエーションも出て居ないので今後出てくるとも思えないが、ジャンク品がリサイクルショップにぶら下がって居ることも多いので、同じホンダのフリードのように、今後価値が急上昇する、なんてこともおそらくないだろう。しかし、シビックしかり、フリードしかり、ホンダ車は急激に価格が上昇することがあるが、これがホンダパワーということか。

IMG_4774.jpg

パートナー自体、ツイッターなんかを見て居ると当方の前に2人程、制作して居る人が居るのだが、いつも通り完成品を普通に載せたら思った以上に伸び、ついには前に制作した方の1人のところまで届き、フォローまで頂いてしまった。なんと恐れ多いことか。

決してこの手の商用車は子供受けはイマイチかもしれないが、この伸びっぷりなんかを見て居ると、オタク受けは間違いなくしているので、タカラトミーには今後この手の商用系のアイテムを増やして欲しかったり……。まあ増えないか。キャラバンがあんまりだったようだし。個人的にはマイナーチェンジとは名ばかりのFMCをかました現行プロボックスを是非とも製品化してもらいたく。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する