fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

出揃ったジャパニーズビッグ3

IMG_2576.jpg
IMG_2577.jpg
TOMICA TOYOTA SUPRA

個別記事にしようかとも思ったのだが、どうせなら、と一つの記事に。トミカ50周年に際して、自動車メーカーとコラボしたアイテムで、各社のデザイナーがデザインしているらしく。実車も一応制作されているらしいのだが、トミカ博が軒並み中止になってしまったので、果たしてこれらが展示されるのはいつになるのか……。せっかく実車があるのに、それと並べて撮影も出来なければ、見る機会さえないのが残念。

とりあえず一つ目。国内最大手かつ、自動車メーカー株時価総額二位のトヨタからは「スープラ」。
去年にようやく復活したスープラだけども、トミカのスープラはこれで4つ目のバリエーションか。個人的には一番トミカを意識したデザインな気がする。
デザイナー曰く、ミニカーという特性上「上から見ることが多いだろうから」ということらしく。なるほど。確かにミニカーは上から見ることが多い。そう考えると、このデザインはよく考えられているような気がする。

個人的にはこういうグラフィックが結構好みなので、もっとこういうデザインのカスタムカー風ペイントのミニカーが増えないものかと思ったり……。

IMG_3236.jpg
IMG_3237.jpg
TOMICA NISSAN GT-R R35

2つ目。時価総額は知らないが、絶賛迷走中の国内2位、日産からはお約束のGT-R。
2002年に排ガス規制の関係で軒並みスポーツカーが生産終了せざるを得なくなり、そんな中で比較的早くスポーツカーの名門「GT-R」を復活させ、スポーツカー市場に殴り込みをかけたのが日産という印象。

実はGT-R、その値段に対してスペックがもはや過剰ともいえる代物だったりして、「スーパーカー」とクラス分けするか、「スポーツカー」とするかは難しい立ち位置だったり。1000万円で高級スーパーカーメーカーのエントリークラス以上の性能のスポーツカーを売っているのだから、なんだかんだで日産ってタフなメーカーなのかもしれない……。

そしてわかる人にはわかると思うが、これ、まさしく「スカイライン・シルエットフォーミュラ」のカラーリングを強く踏襲したデザイン。今回の50周年記念コラボアイテムの中で一番人気といっても過言ではないような気がする。うーん、トミカ。日産好きだよね。

IMG_3238.jpg

ちなみに3車種の中で唯一の開閉ギミック付き。正直シビックはまだしも、スープラに関してはドア開閉くらい付けられたんじゃないのか、と思ったり……。
地味にマフラーエンドが青色に塗られていて焼付け風カラーが再現されているのが芸が細かい。

IMG_2578.jpg
IMG_2579.jpg
TOMICA HONDA CIVIC TYPE R

どことも資本提携やらOEMを結ばない、孤高のスタンスを貫く国内3位のホンダからはシビック タイプR。

FK8のシビックは既に取り上げているがこれはトミカのFK8。ホットウィールの記事でも少し触れたが、この既視感あるカラーリングと言ったら。今回の3車種の中では一番無難というか、トミカ要素が薄いように感じる。

これが一番最初に販売されたのだが、ちょうどCOVID-19でトミカショップも閉まってる、小売店も軒並み都内では閉まってるということで、販売時には入手経路が大分限られてしまったこともあって、個人的な意見を述べるとすれば、この3車種の中ではデザイン、話題性、車種チョイス、すべての要素が他2車種に負けていて一番影が薄いんじゃないかと思う。

贔屓目無しで、個人的にこの3つで1つを選ぶとすれば、このタイプRを選ぶが、やはり影は薄いという印象が拭えず。というか、トヨタも日産もフラグシップスポーツカーと言えるスープラ、GT-Rなのに何故ホンダはNSXではないのか。ホンダのスポーツカーと言えば「R」よりも「NSX」だと思うのだが。それとも、NSXはホンダの中ではホンダというよりも「アキュラ」なのだろうか?

ということで、50周年記念のアイテム3つを一挙に。トミカマニアなら車種の好き嫌いを考えず、是非とも記念アイテムとして全部手に取って頂きたく。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する