fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

イレギュラーなセカンド

IMG_3062.jpg
IMG_3063.jpg
HOTWHEELS HONDA CIVIC TYPE R 2018

最近、やたらとホンダに触れる機会が多いような気がする。当方が日本車メーカーで好きなのはトヨタ。それはともかくとして、ミニカーのカスタムネタしかり、購入品しかり、やたらホンダに触れている。

と、気付いたのだが、これって当方が敢えて手に取っているというよりも、マテルがやたらホンダを精力的にリリースしているということ。今年の注目モデルも、去年の注目モデルも、やはりホンダが目立つ。次点は日産。というか去年は日産が目立っていた。

ということは、次はトヨタか? なんてこともなく、おそらく日本車からは少し離れてアメ車と欧州車が目立つのが来年のようす。まあ日本車も同時にリリースされるだろうけども。ともあれ、マテルはそれだけ我々に目を向けて、我々の心を掴んで離さない。

今回のエントリーはホンダ・シビック タイプR 2018年型。FK8型とも言われていたか。久々にFD型シビックを思い出すような、「シビックらしい」シビックに思える現行シビック。

まあ初代のシビックを「らしさ」とするなら、FK2やらその辺りのシビックの方が従来のシビックに近いのかもしれないが、当方の世代でシビックと言えば、やはりFD型の無難なスタイルなのだ。現行のFK8は決して無難とは言い難いが、それでもFD2を思い起こさせる存在だと感じている。

そんなホットウィールのこれ、2020年のセカンドカラーなのだが、これがまた実にイレギュラーな存在。カラーリングのモチーフは何かしらのホンダ公式のレースカーだと思うが、当方が気にしているのはそこではない。

通常、ホットウィールはファーストカラーとセカンドカラーとで、タンポが大きく変わることは殆どない。
しかし、今回のこのFK8タイプRはそれが大きく覆っている。ファーストカラーは黒のボディにライト類のタンポ。だが、このセカンドカラーはリアライト回りのタンポが無くなる代わりにホンダレーシングのタンポに変わっている。うーん、これまでにこういうケースって存在しただろうか。

これは一つの可能性だが、もしかして、来年はベーシックでのリリースが無いからこそ、ここにきて変化球を投げてきたりして。
或いは。タカラトミーの50周年のタイプRに対抗意識を燃やしたか。まあその可能性は限りなく0に近いだろうが。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する