fc2ブログ

GRIZZLY GARAGE

自己満足の、自己把握用のデータベース。覚え書き。

和傘と梅雨

IMG_5789.jpg
IMG_5790.jpg
TOMICA TOYOTA HIACE

今月発売のトミカ「日本の伝統コレクション」の新作。
基本的にこのシリーズ……というか所謂「書店トミカ」はイマイチな物もアレば、タンポを剥がせば純粋なカラバリを楽しめるものまでピンキリな印象のあるシリーズなのだが、時折かなり魅力的なデザインのアイテムをリリースする事でも定評がある(当方の主観)。

昨年の夏に登場したスバル・360の花火デザインもかなり魅力的だったのだが、今回梅雨を目前にリリースされたこのハイエースもかなり魅力的なアイテムとして仕上がっている。

和傘デザイン仕様ということで和傘のデザインに日本の代表的な模様の一つ、市松模様の他、傘=梅雨をイメージしてかリアフェンダー辺りには紫陽花らしき花弁も描かれている。

IMG_5791.jpg

ぱっと見ならまあハイエースをキャンバスに仕立てて和傘デザインを盛り込んだだけ。というか大多数の人がそれとしか受け取らないはず。

しかしねえ……前の記事から引き続いて東方ネタで恐縮なのだが、このデザインは星蓮船で初登場した多々良小傘にしか見えないのだ。

薄いライトブルーのボディカラー、紫と赤色の和傘。狙ってるのではないかと勘ぐりたくなるレベルで寄せてるように思える。
まあ純粋に、和デザインを重視しているシリーズなので、市松模様も和傘も、紫陽花も、「梅雨」で連想されるものを選んでいるだけなので恐らくこのデザインを考案した人が東方好きというわけではないはず。

それにしてもこのシリーズ、回を追う毎にそれなりにデザインセンスが良くなったように思うのは、視野を広げるようになったからなのだろうかと。

「江戸切子」から始まり、「隈取り」「将棋」と、和デザインの中でも限定的だったものが、「花火」「紅葉」「桜」と言った、ちょっと枠が大きくなったものも混ざるようになった。まあ「寄木細工」「錦鯉」、今回の「和傘」と言った限定的な物もまだあるのだけども。

ここまで来るとそろそろ和菓子系で何か出そうな気がすると予想してみるが、はてさて。

以下、音楽の話。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

ひとつの青春

IMG_5786.jpg
IMG_5787.jpg
TOMICA NISSAN SILVIA S15 -KIMEEMAL-

人によって青春時代の思い出は違うだろうが、当方にとって青春時代というか中学生のあの時に随分と印象的で、それで居て、今でも好きな作品と言えば、やっぱり東方projectだったりする。

小学生の頃からYoutubeやニコニコ動画を見ていたので、東方そのものはぼんやりとながら知っている、程度だった。
しかし、本格的に知識を付けるくらいには出会いは今から12年前の3月。地震の後、メンタルが落ち込んでいた時期に偶然オススメ動画に表示された東方GTAの『文のSA取材紀行』が本格的に東方を知る切っかけになった。

R18指定のゲームながら既に動画でその存在を知り、実際にLCS、VCS、SA、IVとプレイしていたGTAだけども東方GTAの存在はほぼ知らない上、あまり興味もなかった。

しかし、この作品に興味を抱けたのは、その作風。主人公は確かに東方のキャラクターである、射命丸文だった一方で、メインストーリーに絡んでくるのがスウィートにビッグスモーク、ライダーと言ったSAの主要キャラクター達。

いや、正しく言い換えるのであれば、原作SAのメインストーリーの流れに沿いつつも、東方キャラクターを上手く馴染ませて、シナリオを再構築していたのだ。これは当方が知る限り、他作品では全くと言って良いくらい見られなかった作風。
逆に言えば、この作風のおかげで取っつきやすさが勝り、当方が東方GTAを、東方projectを知るきっかけになった。ある種、これが当方における、原点の一つ。

IMG_5788.jpg

残念な事にこの作品は完結を果たすことはしなかった。その大きな要因は東方GTAを作る上で欠かせないModを巡るトラブル。ゲームブログでは無いので、詳細は割愛するが、クリエイター達にとって”水を指すような”出来事だったのは間違いない。況してや、状況から言って寝耳に水、状態だったのだから。

さてミニカーの話をば。
いろんな映画やドラマでスクリーンを駆け抜けた名車があるように、この作品にもそういったアイコニックなマシンが登場する。
それがこの「KIMEEMAL」こと、S15シルビアのドリフトマシン。

射命丸文の二次創作キャラクター「きめえ丸」をモチーフにしたこのマシンはKITTのオマージュ的要素も持っており、それでありながら上手い具合に東方の設定とGTAのゲームシステムをマッチングさせていたのも記憶にある。チート性能でありながら、主人公が使いたがらないハンディキャップがあったり、唯一無二とも言える弱点があったり、そういう魅せ方も上手かったように思う。

今回、それを再現したモデルがこれ。と言ってもトミカのをそのままに、塗装だけ合わせている、謂わばトミカによくある「特注」とか「なんちゃって仕様」をイメージ。実際のKIMEEMALは巨大なGTウィングにエアロパーツが取り付けられており、D1に出ていたS15がベースになっていた記憶。ホットウィールで作るのであれば、敢えてそうするのも悪くないかもしれないがいつになるやら。

今年で更新停止からどうやら10年目。制作者のツイッターを見る限り、もう改めて更新することも無さそうではあるのだが、今でも語り継がれるような、そんなクオリティの作品に思えてならず。

考えてみれば、あの時代、まだまだ東方GTAというジャンルに活気があった頃、制限がなにかと出てきてしまうGTAを用いていながら、レベルの高い作品は本当に多かったなあと。
上手く、SAのストーリーを下敷きに、キャラクターを置き換えたり、展開を考えたり。東方はその性質上、二次創作作品が非常に多い作品なわけだけども、もし東方GTAがなければ、東方に興味を持つ事はなかったかもしれないなとしみじみ。

以下、音楽の話。


にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村





続きを読む

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

GODZILLA

IMG_5658.jpg
IMG_5659.jpg
HOTWHEELS NISSAN SKYLINE GT-R R32

今月のホットウィールの単品アイテムの一つ。以前程熱が無いとは言いながらも、気になったアイテムはちまちま買っている。
今月は珍しく色々と買ったのだが、それもこれも細かい彩色の練習を兼ねて。

どこのカスタムミニカーブログで見たのかすっかり失念してしまったのだが、筆で彩色をする練習に最適なのがキン肉マン消しゴムだと書いていた記憶がある。

当方は生憎、世代でもなければそもそもその手の作品にあまり興味がないまま育ってしまったのだが、その練習台代わりというか、ホットウィールのベーシックは彩色の練習に最適に思っている。

当ブログを読んでくれている諸兄の方々はご存知だろうが、サイドのタンポが凝っているとヘッドライトやリアライトの彩色がオミットされてることもホットウィールのベーシックではなんら珍しい事ではない。

故に、ライトを塗ってディティールアップというのは以前からよくやっていた事だったり。
マテル特有の立体的な彩色でなくとも、ヘッドライトをシルバー、リアライトを赤に塗るだけでも大分印象というのは変わって見えてくるもので。

IMG_5660.jpg

さて。ホットウィールでR32と言えば、ノーマルモデルが5年程前に登場しているが、この金型はそれよりもずっと前に登場した金型……を改修し、別パーツだったウィングがボディ一体形になっているもの。

この古いタイプのR32はカスタムモデルでエアロにウィング、ボンネットもカスタムされ、ヘッドライトも左側に吸気用のダクトらしきものが設けられたタイプに換装されており、コテコテのカスタマイズモデルだったり。デフォルメも相まって、当時のホットウィールらしくもある。

正直に言って、新しいタイプのR32金型はライト周りのモールドが非常に甘く、カスタムにもイマイチ不向きに感じて、リアルライダー以外のバリエーションがイマイチに感じるのだが、こちらはライトのモールドがくっきりしており、非常に好感触。
人により、当然好みはあるが、ノーマルの方が好きな傾向のある当方から見ても、こちらの金型の方が好みだったり。

今回、ライト類の彩色に加えて、ホイールを余っていたリアルライダーに換装。運良く、タンポのカラーリングに近いものでもあり、なかなか似合うように思う。

それにしても、かつて「ゴジラ」という愛称が付けられたR32 GT-Rに「ゴジラ」のタンポ印刷を施すこのセンスは正しくマテル。脱帽というか、アメリカンだから為せる技に思える。トミカにはなかなか出来ない芸当に思える。ゴジラのゴジラ。駄洒落だが、それが洒落ているのが実にニクい。

とは言え、方向性が違うのもまた事実。故に、トミカにはトミカにしか出来ない「ニクい」事をして欲しいなあとも思ったり。まあ今のタカラトミーにそういうセンスがある人が居るようには思えないのだけども……。

以下、最近の流行りやらマイブームに関する雑記。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


続きを読む

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

ミューゼオのリニューアル

IMG_5636.jpg
IMG_5637.jpg

長らく放置していたミューゼオ。この度、漸くリニューアルがほぼ完了したので改めて記事でご紹介。リンクより確認してもらえれば、ほぼトミカ特化に変更したミューゼオが確認できるはず。

コレクションというよりカスタム品の展示だが、ツイッターをほぼやらなくなった今、カスタム品を世に公開せず、そのまま埋もれさせるのも寂しい気がしたというのが理由の一つ。

というのも、今は亡き某ブログ「でしか」紹介されて居なかった、ツイッターアカウント削除済みのモデラーさんのカスタム品なんかも、アカウントとブログ削除のダブルパンチで日の目を見る事を失ってしまった。

それって少し寂しい事でもあるよなあと。いろいろな作品のファンアートを見るのが好きな人なら、Pixivのブックマークに「削除済みもしくは非公開」と表示されるあの感覚に近いと思う。

その昔。インターネットは無限の可能性を秘めているように感じていた当方。インターネット上であれば、半永久的にそのデータが失われる事なく持続されると信じていた。

だが実際はどうだろう? 確かに、上手く行けば半永久的に持続されると言っても過言ではない一方で、泡沫のようにデジタルデータというものはいともたやすく消されてしまうもの。今、提供されているサービスが今後10年、持続される保証というものがなくなってしまった。

当然、利用しているFC2も、ミューゼオも例外ではない。Youtubeですら同様。とは言え、少しでも公開し、人の記憶の中に僅かにでも残れば、それ程、確実性が高い方法も無いだろう。

ということでミューゼオで再スタートを切ったグリズリーの「白熊工芸」。
更新報告用のツイッターアカウントも開設済み。まあ結局ブログの感覚が好きなのでブログをちまちま更新するのは変わらず、量が量なのでミューゼオの更新は気が向いた時になるだろうが。

画像無しは寂しいので現在制作中の「アドトラック」も掲載しておいて。
謎に引きずりだったレンジャーを2軸化し、エアロを制作。荷台と風防はクオンの水族館トラックから拝借。サイドスカートはプラバンを加工。デコトラを作る片手間にこちらの作業もしつつ、ライトアップとBluetooth対応の格安イヤホンの2つを突っ込みたいところだが、スペース的な問題を感じつつ。

数年前、ツイッター上でトミカにその2つを仕込んでいた人が居た気がするのだが、見つけ出せず。つくづく、Google検索もツイッターでの検索も難易度が上がったというか、求める情報を探すのが昔程、楽ではなくなった気がする今日この頃。

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク